トピックス

「Speed Wi-Fi NEXT W01」のソフトウェアアップデートでの下り最大220Mbps対応について

2015年03月19日

UQコミュニケーションズ株式会社(以下UQ)が、2015年3月19日(木)、モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W01」(以下W01)で、下り最大220Mbpsのご利用が可能となるソフトウェアを提供開始したことを発表いたしました。

UQは、現在、キャリアアグリゲーション(以下CA)※1技術の導入を進めており、2015年1月に発売開始した「W01」は、今回のソフトウェアアップデートにより、デバイス側としてCA技術に対応する準備が完了いたしました。

これらのCA技術を実現するデバイスとエリアの整備により、W01をご利用のお客様は、ソフトウェアアップデートをしていただくことで、周波数帯域を拡張したエリアにおいて、下り最大220Mbps※2の通信でのご利用が可能となります。

 ソフトウェアアップデートの手順については 下記URLをご覧ください。http://www.uqwimax.jp/service/information/docs/W01_update_20150319.pdf 
 
一方、220Mbpsがご利用可能なエリアについては、2015年2月12日(木)に栃木県真岡市でCA技術に対応する周波数帯域の拡張を開始しており、2015年3月31日(火)から約1週間で、全国37都道府県の一部※2へ拡大し、その後も、順次全国へ展開を予定しております。

また、2015年3月末に予定している下り最大220Mbps対応エリアは下記URLをご覧ください。http://www.uqwimax.jp/signup/area/pdf/220Mbps_CA.pdf


※1 複数の電波(キャリア)を同時に使用して、データ通信を可能とする技術。
※2 WiMAX 2+の下り最大220Mbps対応エリアの情報は、順次ホームページでお知らせします。
   下り最大220Mbps対応機器と対応エリアについて(WiMAX下り最大13.3Mbpsエリア) 

詳細につきましては、こちら(http://www.uqwimax.jp/signup/pop/220mbps/)をご確認ください。