v6プラス

プロバイダ認証の新しいかたち

v6プラスとは

本サービスは、NTT東西の次世代ネットワーク(NGN)を利用し、IPv6及びIPv4の設備を持たずに、「IPoE方式」によるIPv6インターネット接続とIPv6ネットワーク上で実現するIPv4インターネット接続のデュアルスタックのローミングサービスです。

従来のIPv4(PPPoE接続方式)とv6プラスの違い

従来のIPv4(PPPoE方式)

v6プラス

従来のIPv4(PPPoE接続方式)ネットワークで起こっている課題

コンテンツの充実化により
現行ネットワークにおける
通信速度の低下
通信速度の低下に伴う
サービス満足度の低下
IoT普及による
インターネット接続
デバイスの増加
新サービス利用による
再設定の手間

メリット

従来のIPv4(PPPoE接続方式)にて導入する場合

E/Uによる接続ID/PWの入力が必要
最大通信速度が回線の品目に依存して
バックボーン増強のため設備投資負担が必要
連携システム構築をしなければならない
接続設定案内等のサポート運用負担が大きい

v6プラスを導入
する場合

ソフトウェア配信により自動設定のため
接続ID/PWが不要
最大通信速度を1Gへ引き上げることが可能
大規模ネットワークを構築済み
のため投資が不要
APIまたはサードパーティーツールでのご提供
が可能なため幅広いニーズにお応えが可能
ソフトウェア配信により自動設定のため
対応コストを削減