GMO光アクセス for Education

GIGAスクール対応
教育機関専用
インターネット回線

GMO光アクセス
for Educationとは?

GMO光アクセスは、テレワークやオンライン授業など
様々なオンラインコミュニケーションが必要なシーンに適した通信環境を実現するサービスです。
GIGAスクール構想へのインターネット通信ソリューションとして
「GMO光アクセス for Education」にて快適なインフラ環境を事業者様へ卸提供いたします。

GMO光アクセス
for Educationの特長

教育機関専用の
プロバイダサービス

動画視聴やテレワークなどにより昼夜問わず輻輳傾向にある個人/法人利用のトラフィックと論理的に分離し、学校への影響を極力抑えます。

授業形態に合わせた
プランの変更が可能

通信量の増大の増大していくなかで、コストパフォーマンスに合わせた段階的なプランをご用意・ご提案し最適なロードマップを一緒に模索いたします。

従来の数倍~数十倍の
通信許容量を実現可能

定期的に授業の実態や今後の想定などを協議させていただくことで、すべての通信を捌くことができるプランのご用意・ご提供も可能です。

GIGAスクール構想の実現に
大きな影響を与える
インターネット通信分野を
取り巻く課題

学校利用に限らず
日本国内のデータ通信量が
年2~4割増加

出典 : 総務省発表「我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計結果」より

コロナ禍における生活様式の変化で
テレワークやオンライン授業など
日中の通信量も増加

出典 : NTT東日本発表「ネットワークのトラフィックについて 2020年5月19日 掲載分より」
出典 : 当社計測比(スーパーサイエンスハイスクールである山形県立東桜学館様での先行導入時の計測結果)

先進的な授業を取り入れている学校は
一般的な学校に比べ
通信量が70倍近く多い事例も

通信量の増大に伴い通信品質の劣化が著しい

GMO光アクセス
for Educationなら
通信許容量アップで
快適なインフラ環境

GMO光アクセス for Educationでは各種パートナーシップを募集しています。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ