トピックス

GMOとくとくBBのIPv6アドレス対応について

2011年02月14日

平素は、GMOとくとくBBをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
昨今、各種メディアでも話題になっております、IPv4アドレスの枯渇問題と次世代規格であるIPv6アドレスへのGMOとくとくBBの対応方針についてご案内申しあげます。

■IPv4アドレスの枯渇問題
2011年2月3日、IPアドレスの標準化や割り当てを行う組織であるIANA 【Internet Assigned Number Authority】により最後のIPv4アドレスブロックが割り振られ、IANAにおけるIPv4(Internet Protocol version 4)アドレスが枯渇しました。
日本の場合、IPアドレスの割当は一般的にIANA→APNIC→JPNIC→ISP→ユーザーの順で行われるため、エンドユーザーに影響が出るのは予想として2011年末から2012年頃といわれています。現在のインターネットでは、メールやWeb等の通信をするとき、通信先と通信元を特定するためにIPv4アドレスが主に利用されているため、その基幹であるIPv4アドレスが枯渇すると通信自体に不具合が出てしまうという問題があります。

■次世代規格IPv6
このような状況から、IPv4アドレスの次世代プロトコルとして開発が進められたのがIPv6(Internet Protocol version 6)アドレスです。IPv6アドレスでは、ほぼ無限といえる数のIPアドレスが使用できるため、IPv4アドレスの枯渇問題が解消されるだけでなく、今後IPv6アドレスが主流となれば、家庭用ゲーム機や家電をインターネットに接続して遠隔操作することが出来るようになったり、IPアドレスを必要とする各種アプリケーションの普及も進み、ますます便利な世の中になることが期待されています。

■GMOとくとくBBの対応方針
GMOとくとくBBでも以下の方針で対応を進めておりますのでご案内いたします。

≪IPv6サービスについて≫
【ご提供内容】
・NTT東日本、NTT西日本の「フレッツ 光ネクスト」のIPv6サービスに対応したサービスをご提供予定です。
【ご提供(予定)時期】
・2011年春以降、順次提供を開始する予定です。詳細が決まりましたら改めてホームページ上で告知いたします。
【ご提供料金】
・未定です。詳細が決まりましたら改めてホームページ上で告知いたしますが、ご期待にそえる内容にするべく努力しております。
【ご利用方法】
・ご利用いただくには別途お申込みが必要となります。
・お申込み方法につきましては、決定次第ご案内いたします。
【サポート】
・各種FAQの用意、サポート窓口の設置を予定しております。
【その他】
・メールサービス、WEBサービスについても順次対応予定です。

≪ご提供中のサービスについて≫
・現在ご利用中のサービスはそのままご利用いただけます。
・また、新規お申込みもいただけます。


■関連リンク

総務省 IPv4アドレス在庫枯渇対応に関する情報開示ガイドライン
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02kiban04_000022.html

IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース
http://www.kokatsu.jp/blog/ipv4/

ISPのIPv6対応情報 (社団法人 日本インターネットプロバイダー協会)
http://www.jaipa.or.jp/ipv6/
以上
 

-----------------------------------------------------------

サービスに関するお問い合わせ先

◆GMOとくとくBB お客さまセンター

E-mailinfo@gmobb.jp 

URLhttp://gmobb.jp/

-----------------------------------------------------------

以上

GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp/