セキュリティについて

クレジットカード番号や個人情報等を送信する場合の注意事項

家にいながら買い物ができる便利なオンラインショッピングですが、その手軽さからたくさんの犯罪が起きています。しかし、ご自身で簡単なセキュリティの管理をすれば、クレジットカード情報などの漏洩から身を守る事ができます。
インターネットでのショッピングでは、クレジットカード番号、有効期限、氏名がわかれば、他人であっても購入可能なので、クレジットカード情報が他人に知られないように細心の注意を払うことです。

「特定商取引法に基づく表示」として以下の項目を表記しているサイトでショッピングすることをお勧めします。

  1. 1. 販売業者名
  2. 2. 店舗名称
  3. 3. 運営責任者
  4. 4. 所在地
  5. 5. 商品代金以外の必要料金
  6. 6. 返品・交換
  7. 7. 不良品
  8. 8. 引渡し時期
  9. 9. お支払い時期
  10. 10. 返品期限

「もしものための詐欺・取引上のトラブル防止策」

  1. 1. 電子メールでクレジットカード番号を送らないようにしましょう。
  2. 2. クレジットカード会社の請求書をちゃんとチェックしましょう。
  3. 3. 不審な点や被害にあったらカード会社にすぐ連絡しましょう。
【ご参考】
警視庁 サイバー犯罪対策
国民生活センター
日本クレジットカード協会

認証パスワードの保護

インターネットやメールを利用するためのIDやパスワードは、利用者の方が正当にサービスを受ける為の鍵になります。これらの情報を第三者に知られてしまうと、第三者による不当な利用を許してしまう事になり、金銭的な被害を被る事もあります。他人に知られない様に厳重に管理しましょう。

基礎的なウイルス対策方法

コンピュータウイルスの90%はメールから侵入してくると言われています。メールに添付されたファイルを開いて自分のパソコンが正常に動作しないときは、ウイルスに感染している恐れがあります。送信メールも受信メールも基本的には自己管理するものです。ウイルスチェックサービスを利用したり、メーラーの設定を変えるなどして、安全な環境でメールを楽しみましょう。

たとえば…

  1. 1. 見知らぬ相手先から届いた添付ファイル付きメールはコンピュータウイルスが含まれている可能性があります。安全を確認することが難しいので無条件で削除するのが望ましいでしょう。
  2. 2. 知り合いから届いた添付ファイル付きメールであってもウイルスが知り合いのメールアドレス帳から自動的に送信しているメールかもしれません。メール本文も添付ファイルを開かせるような文体になっているので、先方に問い合わせるなどして安全を確認してから開くようにしましょう。
  3. 3. テキスト形式等のファイルを添付して送信する場合は一度、添付ファイルのウイルスチェックをすること。またメールで事前に添付ファイルを送信する旨とその内容を先方に伝えるようにしましょう。知らない相手からメールが来たら、絶対に添付ファイルを開かないようにしましょう。

GMOとくとくBBでは、GMOとくとくBBのサーバにて、ウイルス検知・削除処理を行います。
GMOとくとくBBのウイルスチェックサービスについて詳細はこちらをご確認ください。

最新ウィルス情報につきましては下記をご覧下さい。
IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)ウイルス対策
McAfee 最新ウイルス一覧

常時接続時のご注意

ADSLやフレッツISDN等の常時接続環境でインターネットを利用している場合、インターネットの世界とコンピュータの間が常に開かれたままの状態になります。これは長時間、家のドアを開け放しておく事と同じで、悪意ある第三者が自分のコンピュータにアクセスし、データを盗んだり改ざんしたりする等、利用者の知らない間に侵入して被害をもたらす可能性があります。このような外部からの不当な侵入を防ぐ為にも、必要時以外はむやみに接続したままにしないようにしたり、ダイヤルアップルーターやブロードバンドルーター(ファイアウォール機能付き)といわれる機器を導入するなど、セキュリティを高める事が重要です。

無線LAN接続時のご注意

ご自宅で無線LAN接続をご利用される場合、最低限以下の対策を実施することが理想です。以下のセキュリティ対策を施していない場合、通信の内容を第三者に覗かれたり、外部から勝手にインターネット接続を利用されてしまうおそれがあります。

① 暗号化
アクセスポイント(親機)と子機側で送受信されるデータを暗号化しましょう。暗号化方式にはWEPやWPA/WPA2が一般的に用いられていますが、WEPは比較的容易に暗号解読されてしまうことが判明しています。また、WPAでもTKIP方式での暗号化は比較的短時間での解読が可能であると言われています。そのため暗号化方式は『WPA/WPA2のAES』に設定することをお勧めします。また、暗号化に用いるキーワードは他人から推測されにくいランダムなものを設定しましょう。

② MACアドレスフィルタリング
ネットワーク機器1台1台固有に割り振られているアドレスをMACアドレスといいます。アクセスポイント側にアクセスを許可する子機のMACアドレスを登録すると、登録した機器以外からの接続はできません。

③ ESS-IDを隠す
無線LANネットワークの”グループ名”にあたるものをESS-IDといいます。悪意のある人が無線LANの存在を容易に見つけられないようにするために、ステルス機能を有効にしてESS-IDを隠しましょう。

※①~③の設定方法に関しましてはご利用の無線LAN機器メーカーにご確認をお願いいたします。

GMOとくとくBB入会相談ダイヤル 0120-377-109 受付時間:平日10時~19時(年中無休)携帯電話・PHSからもOK!