お申込みで迷ってるあなたに!

フレッツ光の工事ってどんなことをするの?

フレッツ光の工事編

戸建てに住んでる場合は、一般的にはファミリータイプの契約になります。 ファミリータイプでの配線イメージはこんな感じだよ。イメージできたかな?
Step1:電柱から光ファイバーを引き込みます。
Step2:光ファイバーを屋内に配線します。
Step3:光ファイバーを回線終端装置に取り付けます。
Step4:パソコンと回線終端装置を接続しましょう。

Step1:電柱から光ファイバーを引き込みます。

戸建てに住んでる場合は、一般的にはファミリータイプの契約になります。

Step2:光ファイバーを屋内に配線します。

屋内配線は下記の3パターンが考えられます。実際に工事を行う際は、お客様とNTT工事担当者とで、詳しく打ち合わせをし、ご希望に添った工事(最もご希望に近い工事)を行いますので、ご安心してお申し込み下さい。 通常は、電話用の配管を利用して、光ファイバーを屋外から屋内に引き込みます。電話用の配管からの引き込みが難しい場合は、エアコンダクトを利用したり、壁に穴を開けたりするなど、お客様のご自宅環境に応じた最適な工事を実施いたします。

電話線の配管を利用
エアコンのダクトを利用
壁に穴を開ける

Step3:光ファイバーを回線終端装置に取り付けます。

屋内に引き込んだ光ファイバーを回線終端装置に接続します。利用希望の部屋に回線終端装置は設置しましょう。

Step4:パソコンと回線終端装置はLANケーブルで接続します。複数台パソコンを接続する場合はブロードバンドルーターなどにより接続してください。

パソコンと回線終端装置はLANケーブルで接続します。複数台パソコンを接続する場合はブロードバンドルーターなどにより接続してください。

パソコンと回線終端装置はLANケーブルで接続

※ブロードバンドルーターから離れた場所で利用される場合は、無線LAN対応のブロードバンド
ルーターとパソコンに無線LANの子機を接続することにより利用が可能となります。

  • マンションに住んでる場合は、通常マンションタイプの契約になります。 配線方式によって、利用可能なタイプが異なります。
  • すでに光ファイバーが設置されている場合もあります。管理組合や不動産会社に確認してください。 利用可能なタイプが事前にわかっていなくても、工事は行えます。

フレッツ光の配線方式は、建物の構内環境調査で分かります。主に下記のいずれかの方式になります。

  • VDSL方式:建物内に光配線やLAN配線が敷設されていない場合の方式です。NTTから建物まで光ファイバーで接続され、 線終端措置から部屋までは既存の電話回線を用いて接続します。
  • LAN配線方式:建物内に既にLAN配線がある場合に利用できる方式です。部屋に装置を設置する必要がなく、料金もVDSL 光配線方式より安価です。回線終端装置から部屋までLANケーブルで接続します。
  • 光配線方式:建物内に光配線がある場合に利用できる方式です。NTTから部屋まで光ファイパーのみで接続される で、通信が高速で安定しています。料金は、VDSL/LAN配線方式より高価です。
フレッツ光の配線方式

Step1:光ファイバーを電柱から棟内共用スペースへ引き込みます。

光ファイバーをPT(Premises Termination)に接続します。そして一般的には電話回線用のMDF(主配線盤)が置いてある棟内共用スペースに集合型回線終端装置/VDSL集合装置を設置します。

Step2:棟内共用スペース内の配線をします。

PTから回線終端装置までは棟内を光ファイバーで接続します。回線終端装置からVDSL集合装置までをLANケーブルで接続します。既存の電話回線用メタリックケーブルを利用しますので、簡単に導入が可能です。

STEP 1・2は、光に対応しているマンションなら大抵の場合完了しているので 大掛かりな工事になることはありません。

Step3:棟内共用スペースから契約されたお部屋へ配線します。

棟内共用スペースから契約されたお部屋へ既存の電話回線用ケーブルを利用して、各戸には電話回線用モジュラージャックを経由してVDSL宅内装置を設置します。

Step4:VDSL宅内装置とパソコンを接続しましょう。

VDSL宅内装置とパソコン間はLANケーブルで接続します。複数台パソコンを接続する場合はブロードバンドルータなどにより接続してください。

VDSL宅内装置とパソコンを接続

※ブロードバンドルーターから離れた場所で利用される場合は、無線LAN対応のブロードバンドルーターとパソコンに無線LANの子機を接続することにより利用が可能となります。

疑問1:NTTの工事費(初期費用)は高くないの?

ファミリータイプの初期工事費 初期契約料
実際の価格 27,100円
キャンペーン適用料金 3,000円
800円
  • ※記載の金額は全て税抜金額です。別途消費税がかかります。
  • ※初期工事費2,000円(税抜)と初期契約料はNTTより請求がございます。
  • ※上記の初期工事費はNTT東日本エリアの料金になります。 NTT西日本エリアの場合は、回線の種類によって初期工事費が異なります。フレッツ光ネクストファミリー回線の場合、初期工事費が無料となりますが、その他の回線の場合の初期工事費は、割引価格の3,500円(税抜)になります。詳しくは、キャンペーンページのNTT西日本エリアの注意事項をご確認下さい。
フレッツ光の工事依頼の流れ
STEP1:GMOとくとくBBへフレッツ光の工事依頼と同時に申し込み。
STEP2:日中のご連絡先へNTTまたは代理店のITX株式会社の担当者よりご連絡。工事日程を決めていただきます。
STEP3:フレッツ光の担当者が開通工事を行う(利用機器が先に届く場合もございます。)
STEP4:パソコンにGMOとくとくBBの接続アカウントを設定してご利用いただけます。
  • ※GMOとくとくBBの登録証は、約3営業日で届きます。
  • ※宅内工事は、約1時間ほどです。

はじめてフレッツ光サービスご利用する場合、フレッツ光の開通工事が 必要になりますが、GMOとくとくBBが代行でお手続きをいたします。

お申込み・乗換えのご相談はフリーダイヤルへ
お電話からの申し込みも受付中!0120-377-109
受付時間:10時~19時(年中無休)携帯電話・PHSからもOK
WEBからカンタン 今すぐ申し込もう

GMOとくとくBB入会相談ダイヤル 0120-377-109 受付時間:平日10時~19時(年中無休)携帯電話・PHSからもOK!